お知らせ

発達障害支援講演会「発達障害児の理解と家族のための支援について」(2018年1月24日)

タイトル 神戸市保険福祉局 発達障害者支援センター 発達障害支援講演会
発達障害児の理解と家族のための支援について
日時 2018年1月24日(水)14:00~16:00 (受付13:30)
場所 兵庫県看護協会ハーモニーホール
講師 神戸大学大学院保健学研究科教授 高田 哲 先生
参加費 無料
その他 案内チラシ

 

第20回発達障害理解のための基礎と実践講座(2018年1月20日)

タイトル 第20回発達障害理解のための基礎と実践講座
思春期発達障害の基礎理解と教育的支援
日時 2018年1月20日(土)13:30~16:30 (受付13:00)
場所 神戸芸術センター「芸術劇場」
講師 竹田 契一 氏(大阪教育大学名誉教授・大阪医科大学LDセンター顧問)

金 泰子 氏(大阪医科大学、小児科)

参加費 無料
その他 案内チラシ

 

教育から就業への移行実態調査報告書Ⅳ(全国LD親の会・会員調査)

本報告書は、全国LD親の会が2016年12月~2017年1月に、18歳以上の子どもをもつ会 員とその子どもに対して同時に実施した会員調査結果です。この調査は、2003年、2006年、2009年に実施した同様の実態調査(「教育から就業への移行実態調査報告書Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」)をベースに上乗せ、実施したものです。会員(保護者)629人と子ども(本人)509人合わせて1138人から回答が寄せられ、その結果は統計処理をおこなって分析しました。
2003年(発達障害者支援法施行前)、2006年(同法施行1年後)、2009年(同法施行4年後)、2016年(同法施行11年後)の4時点での比較から、発達障害者支援法施行後、本人たちの状況がどのように変化してきたのかを示しました。2016年調査における教育から就業への移行経路や地域(9地域)の比較も掲載しています。
さらに、今回は「年齢層」での比較や「診断名」での比較など、新しい切り口でもデータの分析も行いました。また、厚生労働省等のデータを利用してデータ解析を行っている部分もあり、発達障害のある人たちが置かれている環境がわかります。
また、本人対象の調査については、大学等での修学の状況、就職に向けての意識等についての調査結果を掲載しています。

こんな情報が得られます
○高校卒業後、大学卒業後の進路は?
○大学での状況は?
○障害者手帳をどのくらいの人が取得している?取得時期は?
○就職するまでの過程は?
○現在の状況は?
○働いている人はどんな仕事についている?
○収入はどれくらい?
○地域により、進学や就職等の状況に違いはある?
○就職に役に立ったことは?(第Ⅱ部 本人対象の調査)

A4判157ページ 2017年10月発行 定価 1,300円
企画・編集・発行:NPO法人全国LD親の会

購入方法 (たつの子会員以外の方)
1.販売価格: 本体 1,300 円
2.送料:1 冊につき100 円 (20 冊以上 送料は無料)
3.販売単位: 郵便振替で、本体価格+送料=合計金額(1,400 円×冊数)をお振込みください。
4.申し込み方法:下記の郵便振替口座に必要事項を記入の上、お振込みください。
(1) 郵便振替口座: 00120-3-52748  特定非営利活動法人全国LD 親の会
(2) 記入事項 :①注文冊子名 ②注文冊数 ③所属(LDとの関わり)
(住所、氏名、電話番号はご依頼人欄に楷書で明瞭に記入)
5.問合せ先: NPO 法人全国LD親の会事務局
〒151‐0053 東京都渋谷区代々木2-26-5 バロール代々木415
TEL/FAX  03-6276-8985
E-MAIL  jimukyoku@jpald.net

移行報告書チラシ

移行報告書 資料

 

 

 

 

 

 

 

障害支援講演会「思春期の発達障害の特性と合理的配慮について」(2017年9月25日)

タイトル 障害支援講演会
思春期の発達障害の特性と合理的配慮について
日時 平成29年9月25日(月)14:00~16:00 (受付13:30)
場所 兵庫県看護協会ハーモニーホール
講師 竹田 契一 氏(大阪教育大学名誉教授・大阪医科大学LDセンター顧問)
定員 400名
参加費 無料
その他  案内チラシ

 

第19回南芦屋浜病院公開講座(2017年9月10日)

タイトル 第19回 南芦屋浜病院公開講座
発達障害のある児童生徒へのよいかかわり・わるいかかわり
日時 平成29年9月10日(日)13:30~16:30 (受付12:30)
場所 芦屋ルナホール
講師 1.知っておきたい特別支援教育最前線 〜医学の立場から〜
小野 次朗 氏(小児科医、和歌山県障害者支援センター顧問)

2.発達障害のある子どもの理解の実際 〜寸劇による 良い関わり・悪い関わり〜
竹田 契一 氏(大阪教育大学名誉教授・大阪医科大学LDセンター顧問)

定員 700名
参加費 無料
その他  案内チラシ